フラワーブルームピンボール

児童精神科医のモニョる話 フォロー

精神科の病名と発達「障害」

山登敬之・明治大学子どものこころクリニック院長
発達障害のある「葉っぱ切り絵」作家・リトさんの作品「君とまた笑顔で会える日を楽しみにしてます」=東京都品川区で2022年3月4日、内藤絵美撮影
発達障害のある「葉っぱ切り絵」作家・リトさんの作品「君とまた笑顔で会える日を楽しみにしてます」=東京都品川区で2022年3月4日、内藤絵美撮影

 前回は、糖尿病の呼称変更の話題に乗じて、2002年に「統合失調症」という新しい病名が誕生したときの経緯を説明しました。

 この名前、もとは「精神分裂病」といいました。ドイツ語の「Schizophrenie」に当てた訳語で、1937年に日本精神神経学会が採用を決めました。

 さらに、精神分裂病より前にもうひとつ別の病名があったんですが、こちらは精神医学に詳しい人以外は知らないかもしれません。「早発痴呆(ちほう)」っていうんですけど、聞いたことありますか?

 これはSchizophrenieの前に使われていた「Dementia praecox」の訳語です。近代精神医学の父、エミール・クレペリンが、自身の学説に基づく疾病分類を作った際に使用したものです。

 19世紀末、この病気の概念が出来立てホヤホヤの頃でしたから、病名の方もすぐにひっくり返る。世紀をまたいだとはいえ、精神科医のオイゲン・ブロイラーが唱えた新しい名称 、Schizophrenieが天下を取るまでに、そんなに年月はかかりませんでした。

 日本の近代精神医学は、明治時代からドイツを手本にしてきましたから、用語もあちらの最新の動きに合わせて変えてきたのでしょう。「精神分裂病」という名称も、最初はさしたる抵抗もなく受け入れられたのだと思います。

 しかし、それは次第にまがまがしいイメージをまとってスティグマ(負の烙印=らくいん)化し、患者さんや家族は偏見や差別に苦しむことになったのです。

 この状況を改善すべく、日本精神神経学会が病名変更に踏み切った経緯については前回に説明したとおりです。 

精神科のおかしな病名

 上に述べましたが、ドイツ精神医学は日本の精神医学の源流であり、私が医学生だった70年代終わりぐらいまでは本流でした。ところが、米国精神医学会の発行する「精神疾患の分類と診断の手引(DSM)」の登場によって、流れは大きく変わりました。

 とくに80年に刊行された第3版(DSM-3)以降、このシリーズが日本の精神医学、精神医療に与えた影響は絶大でした。現在では、精神科の医者が診断の際に使う病名は、ほとんどが米国からの輸入品です。

 もちろん、それらは一つ一つ日本語に訳され、医学用語としても行政用語としても通用するものになっています。しかし、翻訳の過程でおかしな名前の病気がたくさん生まれてしまったようにも思えます。

 たとえば、いま話題の発達障害がどうなっているか、DSMの最新版、DSM-5-TR(第5版改訂版)で見てみましょう。

 発達障害を意味する「神経発達症群(Neurodevelopmental Disorders)」というカテゴリーには、次のような名称が並んでいます。順に見てみると、知的発達症(知的能力障害)、コミュニケーション症群、自閉スペクトラム症、注意欠如多動症、限局性学習症、運動症群、他の神経発達症群。

 「群」とあるのは、いくつか似たような障害を集めたグループぐらいの意味に考えておいてください。それはいいとして、そもそも「神経発達症」とは? その他の病名も、どんな障害か字面を見ただけで想像できるのは「知的能力障害」と「注意欠如多動症」ぐらいではないでしょうか。

  神経発達症とは、すなわち神経が勝手にどんどん発達してしまう病気である。限局性学習症は限局的な分野ばかり学習したくなり、運動症においては運動しょう運動しょうと運動したくなる……。

 こんなことばかり言っていると、同業者ばかりか患者さんからも嫌われてしまうので、やめておきましょう。

  どうしてこんな名前になったかというと、「障害」と訳していたところを「症」に置き換えたからです。

 DSM-5までは、「○○症」に旧名の「○○障害」が併記されていたのですが、最新の改訂版では、知的能力障害をカッコに入れて残した以外はみな「症」に統一されました。

 旧名ならば、○○の機能が障害されているという本来の言葉の意味が通じますから、こちらの方が親切といえば親切。それでも、無理を押して「○○症」で統一を図ったのは、や…

この記事は有料記事です。

残り1738文字(全文3416文字)

明治大学子どものこころクリニック院長

やまと・ひろゆき 明治大学子どものこころクリニック院長。同大文学部心理社会学科特任教授。1957年東京都生まれ。精神科医、医学博士。専門は児童青年期の精神保健。おもな著書に「子どものミカタ」(日本評論社)、「母が認知症になってから考えたこと」(講談社)、「芝居半分、病気半分」(紀伊國屋書店)、「世界一やさしい精神科の本」(斎藤環との共著・河出文庫)など。