フラワーブルームピンボール

バイデン氏、習氏を歴史的邸宅で厚遇 2人で庭園散策 米中首脳会談

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
広大な庭園が広がる「ファイロリ」を散策する中国の習近平国家主席(左)と米国のバイデン大統領=米西部カリフォルニア州ウッドサイドで2023年11月15日、ロイター
広大な庭園が広がる「ファイロリ」を散策する中国の習近平国家主席(左)と米国のバイデン大統領=米西部カリフォルニア州ウッドサイドで2023年11月15日、ロイター

 バイデン米大統領は15日、中国の習近平国家主席を西部カリフォルニア州ウッドサイドにある豊かな自然に囲まれた歴史的な邸宅で迎えた。大規模な英国式の庭園もあり、両首脳は会談後に2人で散策した。バイデン氏は習氏を厚遇し、友好ムードを演出した格好だ。

 会談場所はサンフランシスコ中心部から南に車で約40分の場所にある施設「ファイロリ」。ホームページによると、敷地面積は約2・64平方キロで、2人が会談した邸宅は1917年に個人用として建設されたものだという。普段は一般客にも公開されている。

 セキュリティー面に配慮してか、会談場所は直前まで公表されなかった。習氏は予定より30分遅れて黒塗りの車で到着。バイデン氏が邸宅の玄関まで出迎えて、2人は笑顔で握手した。米メディアによると、習氏側がサンフランシスコ市内で開催されているアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の会場から離れた静かな場所での会談を望んだという。【ウッドサイド鈴木一生】

あわせて読みたい

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集