フラワーブルームピンボール

特集

ウクライナ侵攻

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻から1年。長期化する戦闘、大きく変化した国際社会の行方は……。

特集一覧

EU欧州委、ロシア産ダイヤの禁輸を提案 原油制裁の徹底化も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
カットされたダイヤモンド=ベルギーのダイヤモンド取引所で2023年10月30日、ロイター 拡大
カットされたダイヤモンド=ベルギーのダイヤモンド取引所で2023年10月30日、ロイター

 欧州連合(EU)の欧州委員会は14日、ウクライナへの侵攻を続けるロシアに対する12回目の制裁案を提案した。ロイター通信によると、ロシア産ダイヤモンドの輸入禁止が盛りこまれた。制裁を科すには加盟27カ国の承認が必要となる。

 ロイターによると、制裁案では2024年1月以降、ロシアからのダイヤ輸入を禁止するほか、第三国で加工されたロシア産ダイヤの輸入を防ぐための仕組みを導入する。また、ロシア原油の価格に上限を設定した制裁を徹底するため、海運会社に輸送代や保険に関するより詳細な情報を提供するよう求めることなども提案した。

 EUのボレル外務・安全保障政策上級代表(外相)は15日の声明で、欧州委員会と共にロシアの軍事、IT分野などの120以上の個人・団体をリストに加える追加制裁案を提出したことを発表した。ただ、この声明ではロシア産ダイヤの禁輸については触れなかった。

 ロシアは世界屈指のダイヤ生産国。ロシア産ダイヤの禁輸は主要7カ国(G7)でも協議しており、EUはG7と足並みをそろえて制裁を発動することを目指している。【ブリュッセル岩佐淳士】

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集