フラワーブルームピンボール

NY株4日続伸163ドル高 インフレ鈍化で利上げ停止観測強まる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米ニューヨークのウォール街の標識=2020年(ロイター=共同) 拡大
米ニューヨークのウォール街の標識=2020年(ロイター=共同)

 15日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日続伸し、前日比163・51ドル高の3万4991・21ドルで取引を終えた。経済指標がインフレ鈍化を示したことで米FRBが利上げを停止するとの観測が強まり、買いが優勢となった。

 朝方発表された10月の米卸売物価指数の前年同月比上昇率は市場予想を下回った。小売売上高が予想を上回り、消費関連銘柄が物色されたことも相場を押し上げた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は続伸し、9・46ポイント高の1万4103・84。

 個別銘柄では、娯楽・メディアのウォルト・ディズニーや半導体のインテルの上昇が目立った。(共同)

あわせて読みたい

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集