フラワーブルームピンボール

特集

社会人野球日本選手権2023

第48回社会人野球日本選手権大会(11月8~19日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱戦を全試合ライブ配信します。

特集一覧

日本生命「西の名門」復活へ キーマンは恐怖の新人3人 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東京ガス-日本生命】二回裏日本生命無死二、三塁、山田が左前適時打を放つ=京セラドーム大阪で2023年11月15日、北村隆夫撮影 拡大
【東京ガス-日本生命】二回裏日本生命無死二、三塁、山田が左前適時打を放つ=京セラドーム大阪で2023年11月15日、北村隆夫撮影

第48回社会人野球日本選手権大会(15日・京セラドーム大阪)

○日本生命5―3東京ガス●

 思うように勝ち上がれず苦しんだ姿は、過去のものになりつつある。日本生命が序盤の集中打で、前回大会で敗れた東京ガスに雪辱を果たして8強入り。都市対抗野球大会優勝4回、日本選手権優勝3回を誇る「西の名門」復活のキーマンは、下位打線に並ぶ恐怖の新人3人衆だ。

 東京ガスの先発マウンドに上がった左腕・高橋佑樹とは因縁があった。前回大会も同じ2回戦で対戦し、7回無失点と抑えられた。この試合も一回は3者凡退に仕留められ、不穏な幕開けになった。

 だが、二回に先頭打者の四球で風向きが変わった。5番の立松由宇は、昨年も高橋と対戦して2安打を記録。「悪いイメージはなかった」と自信があった。

 もう一つ、立松が楽な気持ちで打席に立てる理由がある。後続の6~8番に並ぶ新人3人を「信頼しているから、つなぎに徹することができる」。外角の直球を逆らわず振り抜き、左前打で好機を広げた。

 ここから、新生日本生命が誇る脅威の下位打線が力を発揮した。暴投で無死二、三塁としてまずは6番の山田健太が「チャンスなので積極的に」と2球目を強くたたくと、高く跳ね上がったボールが三塁手の頭上を越え、2点を先取した。

【東京ガス-日本生命】二回裏日本生命1死三塁、石伊が左越え2点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2023年11月15日、北村隆夫撮影 拡大
【東京ガス-日本生命】二回裏日本生命1死三塁、石伊が左越え2点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2023年11月15日、北村隆夫撮影

 続く7番・松本渉が犠打で走者を進めると、8番の石伊雄太も「思い切って自分のスイングをするだけ」と、狙い通りの直球を振り抜いた打球は左翼席に届く2点本塁打。3人の攻撃で、計4得点を生み出した。

 1回戦はチーム全体で11安打を放って快勝したが、新人3人は計1安打と振るわず、試合後に「次は自分たちでつなげよう」と話し合った。まさかの5失点に、東京ガスの松田孝仁監督は「(高橋の)調子は悪くなかったけど、日本生命が積極的にファーストストライクから合わせてきた」と相手をたたえた。

 近年の日本生命は、都市対抗で2021年、22年と2年連続で予選敗退し、日本選手権も第45回大会(19年)を最後に2回戦の壁を越えられていなかった。山田は「先輩が上(上位打線)で支えてくれるから、自分たちは失敗を恐れず思い切っていける」。若い力が打線に新たな好循環を生み出している。【川村咲平】

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集