フラワーブルームピンボール

荷物245個捨てる 契約社員を解雇 流山郵便局 /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
郵便局の看板=東京都千代田区で2019年3月21日、曽根田和久撮影
郵便局の看板=東京都千代田区で2019年3月21日、曽根田和久撮影

 日本郵便関東支社は14日、流山郵便局(流山市西初石4)に勤務する契約社員が荷物245個を配達せず、商業施設内のごみ箱などに捨てていたと発表した。同支社は契約社員を13日付で懲戒解雇した。

 同支社によると、捨てられたのは、送り主が指定した区域の全世帯に配達する「タウンプラス」。契約社員は2月下旬と9月9日の2回、配達区域外の商業施設など2カ所に捨てた。同13日に、商業施設側から「フードコートのごみ箱から大量の郵便物のようなものを発見した」と連絡があり、発覚した。

この記事は有料記事です。

残り51文字(全文284文字)

あわせて読みたい

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集