フラワーブルームピンボール

特集

宝塚歌劇

100年を超えてなお、世代を超えて多くのファンを魅了する宝塚歌劇。関連するニュースをお届けします。

特集一覧

宝塚歌劇団調査、いじめ・ハラスメントを否定 劇団員急死報告書

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見の冒頭で謝罪する宝塚歌劇団の木場健之理事長(手前)と村上浩爾専務理事=兵庫県宝塚市で2023年11月14日午後4時2分、長谷川直亮撮影 拡大
記者会見の冒頭で謝罪する宝塚歌劇団の木場健之理事長(手前)と村上浩爾専務理事=兵庫県宝塚市で2023年11月14日午後4時2分、長谷川直亮撮影

 宝塚歌劇団(兵庫県宝塚市)の劇団員の女性(25)が9月末に急死した事案で、歌劇団は14日、外部の弁護士チームによる調査報告書を公表した。長時間にわたる稽古(けいこ)などにより、強い心理的負荷がかかっていた可能性を指摘。木場健之(こばけんし)理事長は「安全配慮義務を果たせていなかった」と謝罪し、12月1日付で引責辞任する方針を示した。一方、女性の遺族が主張している上級生からのいじめやハラスメントについては「調査の結果、確認できなかった」と否定した。

 報告書によると、女性は入団7年目の娘役で、「新人公演」に出られる最年長の期として下級生全体のとりまとめ役を務めていた。9月末に開幕する宙(そら)組公演と新人公演に向け、8月中旬から準備を始めたが、退団などで前作の公演終了時には5人いた同期が2人まで減って指導などの業務負担が増えた。さらに自主稽古も長時間に及び、労働時間として試算した場合は、直近1カ月で118時間以上の時間外労働があったと認定。同時期に上級生らからの指導も多数重なったことが、心理的負荷につながったとの見方を示した。

 遺族側は、上級生の指導について暴言があったとして「ハラスメント」と指摘したが、「いずれも伝聞で直接聞いた言葉ではない」として認定しなかった。また2年前に上級生から額にヘアアイロンをあてられ、やけどを負う被害が週刊誌で報じられた件については事実関係を認めつつ、遺族側の「故意だった」との主張に対して、関係者の話に食い違いがあることなどから故意かどうかの判断はしなかった。

 さらに、報告書は「劇団が過密な公演スケジュールがもたらす問題の把握と対処をせず、劇団員の才能と芸事に真摯(しんし)に取り組む姿勢に多く依存してきた結果、劇団員が心身ともに余裕を失う現況になっている」と指摘。歌劇団は再発防止策として、▽年間興行数を9興行から8興行へ変更▽過密な稽古スケジュールの改善▽外部通報窓口の設置――などを挙げた。

 女性は9月30日朝、宝塚市内のマンション敷地内で倒れているのが見つかり、現場で死亡が確認された。兵庫県警は自殺とみている。歌劇団は死亡に至った背景を調べるため、弁護士らで構成する調査チームを設置。宙組に所属する劇団員らを対象に聞き取りを進めていた。【松室花実】

調査報告書(骨子)

・女性に対するいじめやハラスメントは確認できなかった

・死亡直前の1カ月半は、本公演と新人公演に向け、下級生を取りまとめ上級生から指導・叱責される立場として切迫感と重圧があった

・死亡直前1カ月間に118時間以上の時間外労働があった

・女性に強い心理的負荷がかかっていた可能性は否定できない↵

相談窓口

・#いのちSOS

 「生きることに疲れた」などの思いを専門の相談員が受け止め、一緒に支援策を考えます。↵

 0120・061・338=フリーダイヤル。月・木、金曜は24時間。火・水・土・日曜は午前6時~翌午前0時↵

・いのちの電話

 さまざまな困難に直面し、自殺を考えている人のための相談窓口です。研修を受けたボランティアが対応します。

 0570・783・556=ナビダイヤル。午前10時~午後10時。

 0120・783・556=フリーダイヤル。午後4時~同9時。毎月10日は午前8時~11日午前8時、IP電話は03-6634-7830(有料)まで。

・まもろうよ こころ()

 さまざまな悩みについて、LINEやチャットで相談を受けている団体を紹介する厚生労働省のサイトです。年齢や性別を問わず、自分に合った団体を探せます。↵

・こころの悩みSOS(//rocking2sranch.com/shakai/sos/

 悩みを抱えた当事者や支援者への情報のほか、相談機関を紹介した毎日新聞の特設ページです。

【宝塚歌劇】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集