フラワーブルームピンボール

特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

「何もできなかった」武田真一アナ 津波実況した被災地で伝えた言葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
講演する武田真一アナウンサー=宮城県名取市の閖上公民館で2023年10月7日、川口裕之撮影
講演する武田真一アナウンサー=宮城県名取市の閖上公民館で2023年10月7日、川口裕之撮影

 元NHKアナウンサーの武田真一さん(56)は2011年3月11日、東京・渋谷のスタジオから、海辺の街が津波にのみ込まれていく惨状を中継映像とともに実況し、避難を呼び掛け続けた。それから12年半が過ぎた10月、武田さんはその街で講演会に臨んだ。「これから話すことは、ごく個人的な閖上(ゆりあげ)に対する思いです」。そう前置きして、住民たちに語り始めた。

この記事は有料記事です。

残り2782文字(全文2958文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集